セイラビリティ 淡輪タンノワ

ハンサセーリング、アクセスディンギーで人生とセーリングを楽しむ活動です。

カテゴリ: ローカル

IMG_0002

ヨットハウスの中にある喫茶軽食のお店が Land Ho〜 なのですが、

Land Ho〜って、
おーい  陸だぞ、という意味だと思うのですが、ここではヨットと海が見えます。
という、お話は別にして、私、ここにはいろんな思い出があるのです、 

座り心地の良いソファーに、気持ちの良い温度に保たれた室内、暑い外を見ながら冷えたビールをいただく。

たまりまへんなぁ〜〜

なんか、長居しそうですが、座席は他にも食堂みたいな椅子も並んでいるのです。

IMG_0004


でも、長く座ってしまう危険は随分あると思っています。

でも、出て行ってくれと言われる人は、聞いたことがありません。

IMG_0003

 

話の内容?

自慢話ばっかしですよ! はい!

聞いてください、私の自慢話!

もちろん、その前に、お聞きします!


今夜、オーストラリアのケアンズに行きます。

2週間ほどかけて、行くのです


マラリア、撲滅運動!!

ケアンズからダーウィンまで、グラームさんや、その仲間たちと、大型バイクに乗せてもらって行きます。

どんな旅になるのか   →  さっぱりわかりません。

帰ってきたら、ブリーズの進水式で、nobiの夏物語@淡輪が始まりますので、よろしくね!!

  にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

ガラスの屋根の建物を、ヨットハウスと呼んでいますが、その2階にランド ホーと言うマリン用具の販売と喫茶のできるショップが、あります。

営業をしているときは、道に看板が出ています。
簡単な食事も、それにコーヒーの他に、発泡酒だけれど、飲めるのです。

P1020381

クラブの会議だって、できますし、餅つき大会なんかの、イベントも時々やっています。

1階から2階にはエレベーターが利用できるのです。
P1020321

車椅子に、こんなに親切なマリーナとは、今まで感じませんでしたが、今回は、いろいろチェックさせてもらっています。

でも、基本的には30年前に出来たので、バリアフリー化になっていないところがありました。

ヨットハウスの出口から、浮き桟橋のところに降りるのに、随分遠回りだったのですが、最近と言っても10年くらい前ですが、新しくスロープが作られていて、驚きました。
でも、ここは車椅子が一人で行けるかというと、難しい、いや、やめたほうが良いと思います。

P1020368


遠回りになりますが、車でも行けるところが、あります。車椅子一人の場合は、そちらの方に回ったほうが良いでしょう。




 

P1020349


ヨットを陸上にあげるときに使うリフトの横に車でも行けるスロープがあります。P1020384



P1020351



 




にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

ヨットハーバーの全体の写真です。

このヨットハーバーは、設立されて、30年になるそうです。

P1020301


写真にあります茶色の屋根の建物が、最初の事務所の建物です。

P1020308

現在は、2階に大阪ベイ淡輪ヨットクラブの事務所のような、サロンのようになっています。
それと会議室があります。

エレベーターもありませんから、30年前はバリアフリーの考え方は根付いていませんでした。

一階には男性用と女性用のトイレがあります。

P1020311

P1020312
さすがに、30年前では、和式のトイレになっています。 


旧の事務所と、三角屋根の建物の間に、ブロック建のトイレの建物があります。
和式ですが、男性用と女性用があります。

P1020313


現在の事務所は三角ガラス屋根の建物は1997年の大阪国体のヨット種目の会場になった時に建てられました。

ブロック建のトイレから、三角屋根のビルの方に行きますと、入り口の横にやはり男性用トイレと女性用トイレが、あります。
ここには、洋式トイレがあります。

P1020315

P1020370

 
三角ガラス屋根の内部は1〜3階まであるそうですが、3階は一度も行ったことがありません。

一階の奥に男性用、女性用トイレと、ロッカールームと、車椅子用トイレもあります。
もちろん2階に男女トイレと車椅子のトイレがあって、2Fに上がるには、エレベーターがあります



P1020318
 
P1020319


車椅子の方も安心して、この建物を利用できるのですね!

これでは、広いヨットハーバーの敷地の一箇所に固まっているので、利用者は時々困っていましたので、離れたところに一箇所簡易トイレが設置されています。

嵐の時でも大丈夫なのかって心配になるのですが、今の所不都合がないようです。


P1020339








 



にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村




DSCF2083
ヨットハーバーの横に、小さな神社があります。 建物が何もないので神社と言えるのかどうか、怪しいのですが、由緒はあるのです。 紀貫之、あの土佐日記で有名な紀貫之、所縁(ゆかり)の場所、です!


DSCF2082



昔は海から見ると黒く見えたそうです、というのは、黒松がたくさん植わっていたのです。 だから黒崎という地名が残っているのです。 紀貫之が、土佐日記で、黒崎という名前を残しています。 土佐日記って、四国に赴任していた紀貫之が、京都に帰って行く旅日記だそうです。 ここら辺で、風がなくって静かな海面ののんびりした船旅をしたのでしょうね! それで、心も癒されたのかどうか、わかりませんが、きっと一生忘れられない旅と思ったのですね!

DSCF2084


ヨットハーバーに、来られた時は、ちょっと横道にそれて、そこから海を覗くのもいいもだと提案しマッス








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

にほんブログ村

DSCF2070

何処かに書いたように、始めてから一年以上になります、出来る限り毎朝歩くようにしています。

旅行や特別な用事のない限り、歩いているのです。

ヨットハーバーと青少年海洋センター、それにこのさと海公園

公園の中にいろんな風景が見られるのです。
たとえば、カラスウリ、花は白かったのですが、いまは実って赤く目立ちます。

四季の変化に富んでいるのですね!


毎朝、歩いて約10分以内だな、さとうみ公園という所を運動不足解消の為に歩いています。

ゆっくり歩くので、約一時間10分ほどかかります。

かなりゆっくりです、

DSCF2077

見つけたときは、嬉しいのですね。



















何時も通る訳ではありませんが、ウミベの森もあるのです。
此処ではささゆりが珍しいと言われています。
DSCF2072

入り口にはこの辺の名産になるのでしょうか、鬼瓦が飾られています。
そうです、瓦は、行基上人以来の名産です!


さと海公園のなかにピチピチビーチというのと、ときめきビーチという名前の二つのビーチがあります。


DSCF2071
どうして、分かれているのか??理由は判りません


そして、大阪湾、チヌの海もあるのですDSCF2074


ピチピチにときめく、どんな人がこの名前を考えだしたのか??
セクハラで、大丈夫かいな?
なんて余計な心配をしてしまうのです。


さと海ですから、海もあります!!







本日は静かです!DSCF2075








 














早く春が来てほしいのです。





 

このページのトップヘ