IMG_0839




淡輪ヨットハーバーの敷地は広いのです。

入り口から歩いて桟橋に行くと、時間がかかります。

BREEZE 303 NIHYAKUMARU は道路から見えるところに、置いていますが、完全にオーニングしているので目立ちませんね。

ブリーズ303を置いているところから、海面に出るのは、近くなのですが、そこから広いところに出るのは、最初は大変ですね。

それにトイレも遠い、誰かをまたしていると、焦ってしまいそうです。

ガラス屋根のヨットハウスで済ませておくべきでしょうね、あと簡易トイレもあるのですが、やっぱり遠いのです。

淡輪ヨットハーバーも、移動するところは、コンクリートなのです。

それにいろんなものが置かれていたり、アンカーが打たれていてそのままになっていたり、相当危険なものもあって、ハーバーを歩く時も気をつけなくてはなりません。

P1020348

靴を履いていなくてはなりません。
足を怪我している人を見かけることもあるのです 。






  にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村