セイラビリティ 淡輪タンノワ

ハンサセーリング、アクセスディンギーで人生とセーリングを楽しむ活動です。

2015年04月

image


今日は一ヶ月に一度の川柳の会でした。
題を決めて一ヶ月かかって作った川柳を持ち寄ります。

それとは別に即席で題名を決めて川柳を読みます

それが急なものなので難しいのです、
それに投票します。

今日は選挙という題でした。

選挙にて みそぎが済んだと 悪い奴


そのあと、前回持ち寄った川柳の評価があります


題 陽気

番組は、陽気に騒ぐ、別世界



大男、重い義足に息をのむ

良寛が、教えてくれた、足を知る

題 こぼれる

強風で、毀れる(こぼれる)前に、 まし舫

マスクからこぼれる声に、口押さえ


 

船台をいじっていたら、時々そばを通る人がいるのです。
中には、古い知り合いというのか、連絡が途絶えた人もいるのです。

それが、しげしげとハンサ ブリーズを眺めてくれる、
不思議そうに質問をしてくる、

はい、それを説明するのが楽しみなんです。

人と会って、話ができるってうれしい事です。
今日は、15年以上前に、乗せてもらっていた船のオーナーに会った、彼はもうヨットをやめているって聞いたけれど時々マリーナに顔を見せているみたい。

ブリーズを見たのは初めてだって言っていた。 

昨日の昼間、久しぶりに、独りで303をスロープから降ろしたりあげたり、重いキールを抱えたりしたので、筋肉痛なんです。

独りで、このスロープを船台に303を乗せたまま引っ張り上げるには辛いものがあります。
以前は、こんなことは無かったと思い出してみたら、このスロープには。今2台の同じようなスロープクレーンがあるのですが、以前、このうちの一台は引っ張り上げるチェーンだけのクレーンがありました。

それを使って引っ張りあげていました。
だから、スロープの状況が悪くても独りであげられたのです。

年のせいだけじゃ無かったのです!!



P1020332


今は、それが ないので、人力であげなくてはならなくなって、状況は昔よりも悪くなっているのですね。
(このクレーンに乗せてあげてもらおうと思えば、一回4000円って、職員の方が言っていました。草の根セーラーNOBI君には、とてもとても高いのです)


そりゃぁ、このマリーナでディンギーを出すなんていうのは、ほとんどいませんもの、それにモーターボートもあるので、そのためのクレーンが増やされて、ディンギーの状況が悪くなってしまっていたのですね!

R君、そんな環境にも、へこたれずにスロープの掃除やっていてご苦労様です。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

にほんブログ村

このページのトップヘ